マナカマイレージポイント付与ルール(市バス・地下鉄)

交通系ICカード

市バス・地下鉄のマナカマイレージポイント付与ルール

manacaには「マナカマイレージポイント」というポイント還元があります。manacaを使ってマナカエリアの市バス・地下鉄・名鉄・豊鉄などを利用すると、利用金額や条件に応じてマナカマイレージポイントが貯まります。

ポイント付与ルールは、利用する交通機関ごとに異なります。このページでは、manacaを使って市バス・地下鉄に乗車した場合のマナカマイレージポイントの付与ルールについて紹介します。

マナカマイレージポイントとは

マナカマイレージポイントとは、manacaを使って交通機関を利用した場合に、利用金額に応じて貯まるポイントのことです。

マナカマイレージポイントのルール付けはなかなか複雑ですが、ルールを理解してmanacaの使い方を工夫すると、ポイント還元率がかなり高くなるケースがあります。

市バス・地下鉄のマナカマイレージポイントは、月ごとの合計利用金額で決まる

市バス・地下鉄のマナカマイレージポイントで付与されるポイント数は、市バス・地下鉄の乗車1回ごとに決まるのではなく、乗車に使用した月ごとの合計利用金額に応じて決まります。

毎月1日から末日までの一か月間で、市バス・地下鉄を2,000円以上利用すると、合計利用金額に応じてポイントが貯まります。

利用金額は翌月以降に繰り越せません。

市バス・地下鉄のマナカマイレージポイント付与ルール

  • 一か月間でmanacaを使って市バス・地下鉄を2,000円以上利用した場合に限り、ポイントが付与される
  • 平日の午前10時から午後4時まで、および、土曜・日曜・休日にmanacaを使って市バス・地下鉄を利用すると、通常ポイントよりポイント率の高い「昼間ポイント」が適用される
  • 通常ポイントは、合計利用金額によってポイント率が変わる。(1,000円未満は切り捨て)
    大人用マナカ
    一か月の合計利用金額
    通常ポイントの
    ポイント率
    15,000円以上 13%
    10,000円以上 15,000円未満 12.5%
    5,000円以上 10,000円未満 12%
    2,000円以上 5,000円未満 10%
    2,000円未満 0%
  • 昼間ポイントは、通常ポイントよりもポイント率が高い。(1,000円未満は通常ポイントの対象となる利用金額に合算)
    大人用マナカ
    一か月の合計利用金額
    昼間ポイントの
    ポイント率
    市バス2,000円以上 30%
    地下鉄2,000円以上 20%
  • つまり、マナカマイレージポイントのポイント率は最大で30%になる。平日の午前10時から午後4時、および、土曜・日曜・休日に市バスに乗ると、ポイント率30%になってお得。地下鉄でもポイント率20%になってお得。
  • 一か月間の合計利用金額が2,000円未満ならポイントは付与されず、翌月にも繰り越しされないのでポイント付与率は最小で0%となる。
市バス・地下鉄でのmanaca利用例
1日から末日までの一か月間で、manacaを使って市バス・地下鉄を合計10,000円利用した場合で考えてみましょう。合計10,000円の内訳は以下の通りとします。
■平日(昼間)および土曜・日曜・休日にバスを2,100円
■平日(昼間)および土曜・日曜・休日に地下鉄を3,500円
■昼間を除く平日にバス・地下鉄を4,400円
ポイントの計算例(大人用マナカの場合)
■平日(昼間)および土曜・日曜・休日にバスを2,100円
→2,000円分は市バスの昼間ポイント30%で600ポイント
→100円分は通常ポイントの計算に入る
■平日(昼間)および土曜・日曜・休日に地下鉄を3,500円
→3,000円分は地下鉄の昼間ポイント20%で600ポイント
→500円分は通常ポイントの計算に入る
■昼間を除く平日にバス・地下鉄を4,400円
→5,000円(4,400円+100円+500円)が通常ポイントの対象となる
→合計利用金額が5,000円なのでポイント率12%で600ポイント
【上記利用例の場合のポイント率】
上記利用例で付与されるのは1,800ポイント600600600ポイント)となります。一か月間の合計利用金額10,000円で1,800ポイント獲得したので、上記利用例の場合のポイント率は18%となります。

市バス・地下鉄のマナカマイレージポイント付与の対象とならないケース

  • manacaの購入
  • manacaへのチャージ(入金)
  • 定期券の購入
  • 定期券区間内を乗車した場合
  • ポイントを利用して乗車した場合
  • 電子マネーで買い物した場合
  • manaca対応券売機で普通券を購入した場合
  • 地下鉄の改札窓口で駅係員の処理により乗車料金を支払った場合
  • manacaでマナカエリア以外の他エリアを利用した場合
  • manaca以外の他社カードで市バス、地下鉄に乗車した場合
  • ゆとりーとラインに乗車した場合(ゆとりーとラインのポイント対象となる)
  • 「三軒家から栄・名鉄バスセンター」、「大治西条から栄・名鉄バスセンター」で名鉄バスに乗車した場合(名鉄バスのポイント対象となる)

名鉄・豊鉄のポイント付与ルールは異なる

上記は市バス・地下鉄のマナカマイレージポイント付与ルールです。名古屋鉄道・名鉄バス・豊鉄渥美線・豊鉄市内線のポイント付与ルールはそれぞれ異なるので注意してください。

manacaを使って名古屋鉄道・名鉄バス・豊鉄渥美線・豊鉄市内線を利用した場合の付与ルールについては、「マナカマイレージポイント付与ルール(名鉄・豊鉄)」で紹介しています。