キャッシュレス決済リンク集

キャッシュレス決済リンク集

電子マネー

  • Suica(スイカ) …… JR東日本が2004年3月に開始。チャージによる前払い。JREポイントが貯まる。全国の電車・バスに乗車できる。
  • WAON(ワオン) …… イオンが2007年4月に開始。チャージによる前払い。WAONポイントが貯まる。イオンの感謝デーで5%オフ。
  • nanaco(ナナコ) …… セブン&アイが2007年4月に開始。チャージによる前払い。nanacoポイントが貯まる。イトーヨーカドーのハッピーデーで5%オフ。
  • 楽天Edy(ラクテンエディ) …… 楽天が2001年11月に開始。チャージによる前払い。楽天スーパーポイントが貯まる。
  • QUICPay(クイックペイ) …… JCBが2005年4月に開始。紐づけたクレジットカードによる後払い。登録カードのポイントが貯まる。
  • iD(アイディ) …… NTTドコモが2005年12月に開始。チャージによるプリペイド式、紐づけたクレジットカードによる後払い、または、銀行口座から即時引き落とし。登録カードのポイントが貯まる。

QRコード・バーコードによるスマホ決済

  • LINE Pay …… LINEが2014年12月に開始。LINEポイントが貯まる。個人間送金が簡単にできる。銀行口座からのチャージによる前払い、または、LINE Payカードによる前払い。
  • PayPay(ペイペイ) …… ソフトバンクとヤフーが2018年10月に開始。インドのPaytmがノウハウ提供。銀行口座からのチャージによる前払い、または、紐づけたクレジットカードによる後払い。
  • Origami Pay(オリガミペイ) …… Origamiが2016年5月に開始。紐づけたクレジットカードによる後払い、または、紐づけた銀行口座から即時引き落とし。ポイント還元は無いが、買い物時に割引が受けられる。
  • d払い …… NTTドコモが2018年4月に開始。dポイントが貯まる。紐づけたクレジットカードによる後払い、または、ドコモユーザーなら携帯電話料金と合算払い。
  • 楽天ペイ …… 楽天が2016年10月に開始。楽天スーパーポイントが貯まる。紐づけたクレジットカードによる後払い。楽天カードを登録するとポイント還元率が高くなる。
  • Amazon Pay(アマゾン ペイ) …… Amazonが2018年8月に開始。Amazonポイントが貯まる。紐づけたクレジットカードによる後払い。

 

 

  • メルペイ …… メルカリ100%子会社のメルペイが2018年内に開始予定。
  • ローソンスマホペイ …… 2018年4月より一部店舗で実証実験中。商品のバーコードを来店客がスマホで読み取るだけで決済完了。店員の負担が軽減され、来店客はレジに並ばずに済むメリットがある。

スマホ決済

決済アプリ・決済サービス

  • Paidy …… 買い物の際はSMSによる認証を行う。クレジットカードを事前登録する必要がなく、メールアドレスと電話番号で決済完了する。支払いはコンビニと銀行振込で行う。
  • Coiney(コイニー) ……
  • Airペイ(エアペイ) …… リクルートライフスタイルが提供するお店の決済サービス。カードも電子マネーもQRコード決済も使える。Alipay、WeChat Pay、LINE Pay、d払いに対応。

地域通貨・地域ポイント

  • さるぼぼコイン …… 岐阜県高山市、飛騨信用組合が発行する地域通貨、現金への払い戻しもできる。
  • めぐりんマイル …… 香川県高松市、ご当地WAONのシステムへの相乗りサービスを活用している。

決済手段

  • 現金 …… 現金のみ対応では、キャッシュレス決済を望む外国人客などに対応できず機会損失が発生。また、接客時や閉店後のレジ締め作業等、現金を扱うのは店舗にとって負担。
  • クレジットカード …… 決済端末の初期費用や高い決済手数料が店舗にとって負担。初期導入コストが数十万円、売上の約4%を手数料としてカード会社に支払う必要がある。
  • デビットカード ……
  • プリペイドカード ……
  • 電子マネー ……
  • QRコード・バーコード …… 初期費用ゼロ、インターネット回線を利用でき、手数料も安い。ただし、スマホが無い消費者は利用できない。

決済手段は現金からキャッシュレスへ

今後、消費者が買い物をする際の支払方法が、現金からキャッシュレスへと移行していくのは確実です。キャッシュレス決済の手段は、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済に大別できますが、現時点で何が主流になるのかは未知数です。

日本ではポイント還元の良さや消費者側の手数料負担の低さから、支払いにクレジットカードを使う人が比較的多いです。ただ、店舗側にとってはクレジットカードは初期導入コストや手数料が高く、クレジットカード導入のハードルは決して低くはありません。

スマホによるQRコード決済は、初期費用ゼロ、インターネット回線を利用でき、手数料も安いため、小規模店舗でも導入しやすい側面はあります。一方で、消費者に利用方法を理解してもらう必要があり、高齢者やスマホを持たない人にとっては敷居が高く感じられるかもしれません。