楽天ポイントですき家の牛丼を食べるには?

キャッシュレス化

楽天ポイントですき家の牛丼を食べるには?

このページでは、「楽天ポイントですき家の牛丼を食べる方法」について紹介します。

関連:楽天ポイントで松屋の牛めしを食べるには?

まずは結論:楽天ポイントカードで支払う

楽天ポイントですき家の牛丼を食べるには、食後の会計の際に楽天ポイントカード、または、楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)を店員さんに渡して、その際に「楽天スーパーポイントで支払います」と伝えるだけです。

ちなみに、現時点ではすき家は楽天ペイを導入しておらず、楽天ペイで支払うことはできません。

すき家では、楽天ポイントで支払いできる

すき家の食事代金を楽天ポイントで支払うには、楽天ポイントカード、または、楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)を使います。手順としては、以下の通りです。

すき家で楽天ポイント払いにする手順

  1. すき家へ行く前に、楽天ポイントカード、または、楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)をつくっておきます。
  2. 楽天ポイントカードは、店舗などで無料でもらえることがありますが、一度来店して台紙をもらう必要があったり、その場でもらえてもキャンペーン期間中のみの対応だったりします。確実に入手するなら、楽天市場で購入してしまうのもひとつの手でしょう。楽天ポイントカードを購入する
    キャラクターものなど、様々な券面デザインから選ぶことも可能です。→キャラクターEdy-楽天ポイントカード
  3. 楽天カード(クレジットカード)は、楽天カードの公式サイトから申し込んで無料でつくることができます。楽天カードは年会費永年無料ですから、楽天ポイントを使うならつくっておいて損はないでしょう。楽天カードをつくる
  4. つくった楽天ポイントカードと自分の楽天ポイントのアカウントを、楽天ポイントカードの管理ページであらかじめ紐づけておきます。
  5. すき家のお店での会計の際に、店員さんに楽天ポイントカード、または、楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)を渡して「楽天スーパーポイントで支払います」と伝えます。
  6. 特に、楽天カードを使う場合には、クレジットカード利用の一括払いではなく、楽天ポイント払いであることをしっかりと伝える必要があります。
  7. もし、会計時に楽天スーパーポイントの残高が不足していれば、残額は現金で支払うか、クレジットカードなどで支払うことになります。
  8. すき家のお店で楽天ポイントで支払った場合には、会計終了後のレシートには、楽天ポイントで支払いが完了した旨が記載されます。

実際にすき家で楽天ポイントカードで支払ってみました

実際にすき家で楽天ポイントカードで支払ってみました。

まずは、注文です。すき家は券売機ではなく、メニュー表を見て店員さんに直接注文します。

今回は牛皿定食の肉並盛560円+ご飯大盛り30円を注文してみました。すき家は内税表記なので、消費税込みの支払総額は560円+30円=590円となります。

すき家は、食後にレジで会計となります。

楽天ポイントカードを用意してレジへ向かいます。

楽天ポイントカード

レジで店員さんに楽天ポイントカードを渡して「楽天ポイントで支払います。」と伝えます。

すると、店員さんが楽天ポイントでの支払い処理を実行してくれます。

会計終了後に渡されたレシートが以下になります。

支払合計額は¥590でしたが、楽天ポイントで590Pが支払われて、現金の支払いは¥0となりました。

全額を楽天ポイントで支払っていますが、その楽天ポイント払いに対して2Pの獲得ポイントが付与されています。いわゆるポイントの二重取りですね。

楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)でも支払える

今回は楽天ポイントカードを使いましたが、楽天ポイント払い機能付きの楽天カード(クレジットカード)でも楽天ポイント払いが可能です。

店員さんがクレジットカードの一括払いと勘違いしないように、支払い時には必ず「楽天ポイント払いで払います」と伝えましょう。

楽天カード

お手持ちの楽天カードに楽天ポイント払い機能が付いているかどうかは、カード表面の右上に楽天ポイントのアイコンが記載されているかどうかで確認できます。

尚、楽天ポイント払い機能が付いていない楽天カードは、カードの期限切れの更新時に楽天ポイント払い機能付きに順次切り替わっています。最近つくった楽天カードなら、楽天ポイント払い機能が付いている可能性が高いでしょう。