ENEOSカードのメリット

カードの話題

ENEOSカードのメリット

ENEOSで給油するとお得

ENEOSカードを選ぶメリットは、ENEOSで給油するとお得ということに尽きるでしょう。ENEOSで給油する機会のある方には特におすすめのクレジットカードです。

ENEOSカードには、スタンダードタイプ・ポイントタイプ・キャッシュバックタイプの3タイプがあります。ENEOSの利用頻度などのライフスタイルに応じて最適なカードを選択できます。

スタンダードタイプ・ポイントタイプ・キャッシュバックタイプから選べる

ENEOSカードには、スタンダードタイプ・ポイントタイプ・キャッシュバックタイプがあります。

■ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)
・毎月のカード利用金額に応じて、ガソリン、軽油が最大7円/リットル引き
・日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得になる
・本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

■ENEOS CARD P(ポイントタイプ)
・カードを使えば使うほどポイントが貯まる
・ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元
・給油はもちろん、洗車やオイル交換などでも ポイントが貯まる
・本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

■ENEOS CARD S(スタンダードタイプ)
・ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き
・本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)
・ENEOSサービスステーション、または、一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)利用で次年度年会費無料

ENEOSをよく利用する人ならキャッシュバックタイプかポイントタイプ

上記3タイプのうち、キャッシュバックタイプとポイントタイプは、ENEOSで給油する頻度の高い方に特におすすめです。この2タイプは2年目以降より年会費が掛かりますが、ENEOSでカードを使うほどENEOSでの給油がお得になります。

ENEOSをたまに利用する人ならスタンダードタイプ

たまにENEOSで給油する程度の人はスタンダードタイプがおすすめとなります。スタンダードタイプの場合、年1回以上のカード利用で次年度の年会費が無料となります。

また、キャッシュバックタイプほどではありませんが、スタンダードタイプでもENEOSでガソリン・軽油がいつでも2円/L引きとなります。

ENEOSカードには『ENEOSロードサービス』がついている

ENEOSカードは、3タイプとも入会・年会費無料の24時間365日受付『ENEOSロードサービス』がついています。

ENEOSロードサービスとは、もしもの時に電話1本でかけつけてくれるロードサービスのことです。全国約9,500箇所(2017年7月末時点)の出動拠点とネットワークがあり、30分~1時間でかけつけます。

ENEOSカードは初年度の年会費無料

ENEOSカードは、初年度の年会費が無料、2年目以降は年会費1,250円(税抜き)となります。

尚、3タイプのうちのENEOS CARD S(スタンダードタイプ)は、ENEOSサービスステーション、または、一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)利用で次年度の年会費が無料となります。

WEBサイトからの入会でガソリン・軽油を2円/L引き

ENEOSカード(C・P・S)にWEBサイトから入会すると、『WEB割』が適用されれます。

『WEB割』とは、入会の翌月から3ヵ月間、ENEOSサービスステーションでの給油料金が合計100Lまで2円/L引きになるというものです。割引対象商品は、ハイオクガソリン・レギュラーガソリン・軽油です。

ENEOSカードのメリット

  • ENEOSで給油するとお得になる
  • スタンダードタイプ・ポイントタイプ・キャッシュバックタイプの3タイプから選べる
  • 入会の翌月から3ヵ月間、ENEOSサービスステーションでの給油料金が合計100Lまで2円/L引きになる
  • 『ENEOSロードサービス』がついている
  • 初年度の年会費無料(2年目以降は年会費税抜き1,250円)

ENEOSカードをおすすめできるのはこんな場合

ENEOSカードを利用すると、ENEOSで給油するとお得になります。

ENEOSカードには、スタンダードタイプ・ポイントタイプ・キャッシュバックタイプの3タイプが用意されており、ENEOSの利用頻度などのライフスタイルに応じて最適なカードを選ぶことができます。

例えば、ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)は、毎月のカード利用金額に応じて、ガソリン、軽油が最大7円/リットル引きとなります。キャッシュバックタイプは、ENEOSでの給油頻度が高い人にとってはお得なカードと言えるでしょう。

一方、ENEOSをたまに利用する程度の人は、ENEOS CARD S(スタンダードタイプ)を検討しても良いでしょう。ENEOS CARD S(スタンダードタイプ)は、ENEOSサービスステーション、または、一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)利用で次年度の年会費1,250円が無料となります。

ENEOSカード(C・P・S)にWEBサイトから入会すると、入会の翌月から3ヵ月間、ENEOSサービスステーションでの給油料金が合計100Lまで2円/L引きになります。