Suica(スイカ)のオートチャージサービス

交通系の話題

Suica(スイカ)のオートチャージサービス

Suicaはプリペイド式のICカード

Suicaは、JR東日本の発行するプリペイド式のICカードです。Suicaにあらかじめ残高をチャージしておくと、鉄道やバスに乗る際にカードタッチで改札機を通過できます。

残高が少なくなったら追加チャージが必要

Suicaに代表されるプリペイド式のICカードは、電車に乗るときに切符を買うために券売機に並ぶ必要がなくなり大変便利です。ただし、残高が少なくなったら前もって追加チャージする必要があります

Suicaに追加チャージをする場合、現在のところ駅構内にあるチャージ機に並んで、現金を投入して追加チャージするのが主流です。毎回券売機で切符を購入するよりは手間を減らせますが、チャージ機で追加チャージするのもまた面倒なものです。

オートチャージサービスとは

そこで活用したいのが、クレジットカード経由のオートチャージサービスです。

オートチャージとは、チャージ残額が少なくなった場合に、改札を通るだけで自動でクレジットカードからチャージされるサービスのことです。チャージ残額がいくら以下になったら、いくら追加チャージするのかをあらかじめ設定しておくことで自動的に追加チャージされます。

例えば、オートチャージの条件として、チャージ残額が1,000円以下になったら3,000円分をクレジットカードからオートチャージするという具合に、あらかじめ自分でチャージ条件や追加チャージ額を設定できます。

オートチャージのメリット

クレジットカード経由のオートチャージを利用することで、チャージ残高が少なくなってもチャージ機に並ぶ必要がなくなります。時間的なロスがなくなってスムースに乗り降りできるようになります。

また、オートチャージでクレジットカード経由でチャージすると、チャージした金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。駅のチャージ機から現金でチャージした場合にはポイントは付きませんから、同じ金額を支払ってポイント還元が受けられるのでお得です。

Suica機能付きビューカードでオートチャージ

Suicaのオートチャージサービスを利用するには、Suica機能付きビューカード(JR東日本グループ発行するクレジットカード)を持つのが簡単で便利です。Suica機能付きなので、これ一枚でクレジットカードとSuicaをまとめることができます。

代表的なSuica機能付きビューカード

代表的なSuica機能付きビューカードは、以下の通りです。

JRE CARD

JRE CARDは、利用スタイルに合わせて、「Suica・定期券なし」、「Suica付」、「Suica・定期券付」の3種類から選べます。JRE CARDを駅ビルで使うと(JRE CARD優待店で買い物すると)3.5%のポイントが貯まります。オートチャージやきっぷ購入でも1.5%ポイント還元されます。駅ビルなどで利用するとポイント還元率が高くなるため、JR東日本の路線を利用する機会のある方、および、JRE CARD優待店を利用する機会のある方におすすめのクレジットカードです。(続きを読む

ビュー・スイカカード

ビュー・スイカカードは、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚にまとまった便利なカードです。ビュー・スイカカードの年会費は 477円(税抜)ですが、明細書をWeb明細にすることで年会費分以上のポイント還元があるため、実質的には年会費負担をポイント獲得分で相殺できます。(続きを読む

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚にまとまった便利なカードです。ビックカメラ、コジマ、ソフマップで買い物をする際、ビックカメラSuicaカードで支払うとポイント還元率が高くなります。例えば、ビックカメラでの買い物ではビックポイントが10%付与されます。ビックカメラSuicaカードにチャージした電子マネーSuicaで支払えば、11.5%分のポイントが還元されてさらにお得です。(続きを読む

ルミネカード

ルミネカードは、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚にまとまった便利なカードです。ルミネカードなら、ルミネやNEWoMan(ニュウマン)での買い物がいつでも5%OFFとなります。さらに、年に数回10%OFFキャンペーンが実施されます。この割引サービスは、バーゲンセール時にもバーゲン価格に対して5%OFFや10%OFFが適用されます。(続きを読む